IPO中心 ≪公式ブログ≫

2017年06月27日

ハーティエンーカンボジア国境越え

株とは関係ない話。
ネットに情報が少ないので載せてみます。

日本で販売されるガイドブックには書かれていませんので知らない方も多いと思いますが、ベトナム側ハーティエンとカンボジア側(こっちに町がない)との間で国境越えができます。

私はカンボジア側から国境越えをしましたのでその視点で書きます。

カンボジア側国境に一番近い町はケップで、ここからトゥクトゥクで30分15ドルが相場と言われています。私は値切って10ドルで乗りました。 コショウで世界的に有名なカンポットからはトゥクトゥクで1時間30ドルが相場だそうです。

相場と書いたのは、ホテルや現地在住の外国人に聞いて回った結果、全員が同じ回答だったためです。値切りたい方は相場をご参考にどうぞ、ということで。

ケップから30分、トゥクトゥクに乗ってボーダーまでやってまいりました。
まだカンボジア側の出国手続きをする前なのに、ベトナム人のバイクタクシーの客引きが・・・。

道路にゲートがあって、ゲートの脇の建物で、出国と入国の審査ブースがありますが、それを無視してベトナム側に進むことも可能です。(ベトナム側で止められると思いますが)

出国手続きが済み、ベトナム側に行くわけですが、入国審査の建物に入る前にパスポートチェックがあります。
その後に建物内で入国審査を受けます。
入国審査が済んで、敷地から出ようと思うと再度パスポートチェックがあります。
合計、3回チェックされます。笑

ちなみにカンボジア側もベトナム側も手荷物のチェックはありません。ベトナム側にチェックする機器はあるのですが使っておりません。

ベトナム・ハーティエン側に入ると、バイクタクシーの客引きがカフェから大声で誘ってきますが・・・
私にはカンボジアの敷地から付きまとうバイクタクシーがぴったりくっついてきてて・・・それに乗らないといけない雰囲気だったのですが、市内まで10ドルと明らかに高い料金だったので無視して歩いてましたが・・・

市内まで結構距離がありそうだったので、別のカフェでくつろいでいバイクドライバーをひっかけて移動いたしました。2ドルでした。まぁこれくらいが相場でしょうね。

ベトナム側に入るとぼったくりのバイクタクシーしかありません。タクシーはないです。
ちなみに逆にカンボジア側に入る方は、バイクタクシーもありませんよ。笑。私がトゥクトゥクで国境まで来たように外国人がトゥクトゥクで来て降りた後に交渉するのがいいと思います。
少し歩くとバイクタクシーらしい人がカフェでくつろいでますので少し歩いてもいいかもしれません。

ここまでで少し違和感があったと思うのですが、なぜベトナム側で3回もパスポートチェックがあるのか、でカンボジア側でベトナムのバイクタクシーの客引きがあるのか?なんですが、
ベトナム人はベトナム人用のIDカードを提示すればパスポートなしに自由にボーダーを行き来ができるようなんです。なので何度もチェックがあるんですね〜。カンボジア側、、、それでいいんかい?

ここのボーダーなんですが、、、カンボジア側(出国前に)にカジノホテルがあります。
で、、、不思議だったのは、、、カンボジアの出国手続きとベトナム入国手続きの間にもカジノホテルがあるんですよね。笑
カンボジア側で出国して・・・ベトナム側に入国せずにカジノホテルで何日か泊まってたら、その間どこの国にいたことになるんだろう?若干そんな疑問があるのですが、、、カンボジア側からだと出入国手続きをしなくてもそのホテルに行くことはできるので出国した後に行く人はいないのかもしれませんが。それにしても面白いところにホテル作ったよなー。笑


いつか記事に書こうかと思っておりますが、カンボジアのシアヌークビルがアジア最後の外こもり都市になるのではないかと思っております。理由等具体的な事はまた後日。
実際シアヌークビルから国境まで、シアヌークビルからハーティエンまでのバスがありまして欧米の方がビザランをしているようです。団体でも行ってるようですし、数人のグループでも行ってます。
カンボジアは3年ビザがありますが1度に30日までしか滞在できず一度外国に出る必要があります。
私が国境越えしたときも、手ぶらで出入国手続きをしている欧米人が5〜6人程おりました。

そんなとこで、、、国境越え出来ますよ!ということです。


【その他の最新記事】
posted by いぽ at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他