IPO中心 ≪公式ブログ≫

2017年04月21日

3565 アセンテック

<3565>アセンテック
市場   :マザーズ
上場日  :4月25日
業種   :卸売業
主幹事証券:SBI
幹事証券 :みずほ、ニュース、極東、アイザワ
      岩井コスモ、SMBCフレンド、東洋
監査法人 :新日本
想定価格 :1,720円
公開株式数: 公募;1,200,00  
       売出;2,900,00
       OA; 410,00
時価総額 :26.1億円
吸収金額 :7.7億円
PER   :16.3倍

SO残高    :1,327,50
SO発行回数    :2回
VC      :2,600,00
        
ロックアップ :90日、第二位株主ファンドに対しては90日・1.5倍

業績 <単位:百万円><配当は1株あたり単位:円> 
 売上営業利益経常利益最終利益配当
2015.12,6033950290
2016.12,180−51−20
2017.1見込3,2752482171400
2018.1予想3,8002302321600


事業概要
 仮想デスクトップソフトウェアの販売及びクラウド型仮想デスクトップサービスを展開している。
1、仮想デスクトップビジネス
 デスクトップ環境をサーバ側に集約しネットワークを介してデスクトップの画面イメージを配信しシンクライアント端末やPC・タブレットによりユーザがりようできるソリューション
 端末に保存しないことでセキュリティ性が向上する(端末の紛失や盗難時にデータ流出リスクが低減)、システム管理者が集中管理できる、運用管理の負担が軽減できる等のメリットがある。
2、仮想インフラ及びストレージサービス
3、プロフェッショナルサービスビジネス
 仮想デスクトップの検討段階におけるコンサルティングから構築段階における設計・構築、利用段階における保守・運用までの一貫した技術支援サービスを専門のエンジニアが提供している。
4、クラウドサービスビジネス
 小規模事業者に対して月額料金にて利用可能なクラウド型仮想デスクトップサービスを提供している。

特記事項
 特になし。

総合評価
 事業内容は企業の情報流出が相次ぐ昨今、注目に値する。
実際にサービスを受けたことが無いので評価は難しいが、今後事業者のニーズは高まっていくものと思われる。
当社は卸売業であり海外企業6社から製品を仕入れて販売している。自社で技術を持っている訳ではなく、卸売業としての評価となるが、事業リスクに、技術革新スピードが速く、それに対応できない場合は営業成績に影響を及ぼす可能性があるとなっている。その事よりもどちらかと言えば、仕入れ条件の改正・販売権の終了等のリスクの方が心配。著名企業製品の販売権を有していることは企業価値として評価する。
 独自技術であれば100億円程度の評価になるが、卸売の為想定価格付近の評価とする。

時価総額での評価額:25億円

*株数表記は100株単位の取引であることを考え100の位にカンマを打っております。
*SO回数表記については、同日発行された複数のSOを一回のSOとしてカウントしております。
*VC株数については、IPO時に売出しがある場合は、その量を除した数字を表記しています。
*時価総額・吸収金額・PERは想定価格にて計算しています。期中平均ではなく発行済株式数にて計算しております。
【IPO銘柄コメントの最新記事】
posted by いぽ at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | IPO銘柄コメント