市民ファースト: IPO中心 ≪公式ブログ≫

2017年04月20日

市民ファースト

書き溜めてた記事です。

昨年の都知事選で小池百合子氏が「都民ファースト」を掲げ見事当選いたしました。
これが「〇〇ファースト」の始まりです。

トランプが「アメリカファースト」と言っていて、小池さんはこれのパクリなんですが、当選したのは小池さんの方が先になりました。

トランプが「アメリカファースト」を訴えたのは、それまでの大統領が世界の中のアメリカに変化していて莫大な貿易赤字を抱えていて国内の仕事が奪われている、との発想がありました。他にもありますが割愛。

小池さんが「都民ファースト」を訴えたのは、ブラックボックスと言われる自民党内の見えない力により都政運営がなされていて、都民のための政治が行われていない、との発想が根底にありました。


それで、、、私が住んでいる県でも市長選・町長選がいくつも行われていまして、テレビ・新聞で立候補者とその政策、政策と言っても一言しか掲載されていませんが、載っております。
で、それぞれの市町選の候補者の誰かが必ず、「市民ファースト」「町民ファースト」を掲げられております。笑

「市民ファースト」って・・・?その市には、市民の為の運営がこれまでなされていないという課題を抱えていたのでしょうか?その市議会でどこかの政党が多数を占めていて、談合・忖度を疑われる案件があって市民をないがしろにしている!という問題があったのでしょうか?

ちなみに今年に入って3つの市町選があって、どれも、どなたかの候補が「市民ファースト」「町民ファースト」を掲げて立候補するんですが、、、皆さん当選されるんですよね。笑
なんとなくいい響きなのでしょう。 市長さんって市民の為に仕事をするわけですから、言われなくても「市民ファースト」でなければお話にならないんですけどね。笑
是非、「市民ファースト」の為に何をするのか具体的にお話していただきたいものです。

少しそれるんですが、地方自治体の課題って絶対に「人口対策」があると思うんですよね。
人口を増やすため・減少を食い止める為、に何をするのか、ということが政策として掲げて欲しいのですが、
どこもこの問題には触れられておりません。正直、できないからそこは争わないようにしようという申し合わせが・・・。

短期的な対策としては、工場の誘致・外国人労働者の受け入れ・事業誘致等、
長期的には、学校誘致、起業家への支援、第三子以降の手厚い支援
他、移住してきた方に対する厚生。。。
そもそも、移住を受け入れるのか、転出を食い止めるのか。

でも実際の活性化対策で何をしているかって言うと・・・伝統的なものではなく新しいお祭り等のイベント事の新設、学校給食の無償化、高齢者の病院無償化・・・。

正直、これでは人口は増えませんね。学校給食は若干いいかもしれませんが。笑


本線?に戻りまして・・・「市民ファースト」と戦えるコピーを考えてみました。

「市民の生活が第一」
これどうでしょうね?んー、なかまたち色が強く出てしまって・・・笑

次、「メイク〇〇市、グレート、アゲイン」
これトランプからパクったんですが、結構良くないですか? ただねー、過去に光ってた市町限定ですね。夕張市とか福島県内の市町とか。

次、「ザチェンジハズカムトゥ〇〇市」
んー。カタカナにすると分かりにくい。笑

次、「ハエもトラも叩く」
なんじゃ・・・?!

このくらいで。


最後に、これいつも思うんですが、首長の報酬をカットすることを公約にされるのは私は反対です。
その方の在任中はいいのかもしれませんが、将来の市長さん、、、優秀な方が市長になろうとする意欲を削いでしまうと思うんですよね。やはり市長の報酬は多少高いくらいで優秀な方が積極的に立候補してもらって、しっかり仕事をしてもらいたい。


【その他の最新記事】
posted by いぽ at 07:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
こんにちわ。


トランプ大統領の「アメリカファースト」と、小池知事の「都民ファースト」全然違いますよね。


トランプ大統領の方は「我々アメリカが一番に返り咲くために共に戦おう」と言う呼びかけであり、よく日本語訳で「アメリカ第一主義」ですら本質を見極めていない、ちゃちな翻訳です。

一方、小池知事の方は「都民を第一に考えること」なんだそうでして、悪く言えば「都民様は神様です」と言うような感じに聞こえます。



トランプ大統領の方の America First ですが、これにも出展があります。ちょうど、100年前に行われた1916年の選挙で圧勝した、民主党のウッドロウ大統領が掲げた言葉で、1916年と言えば第一次世界大戦の最中です。

戦時中の国難と経済的な行き詰まりの国難を掛け、民主党圧勝だった当時のウッドロウ大統領の言葉で民主党支持層にも一致団結を呼びかけ、米国を語る時に一般的に使う「United States」を使わずに「America」を使う事でより連帯感を示す。


ちょっと「都民ファースト、町民ファースト、何言ってるんだ?」って感じです。都民ファーストを誰にやらさせるんですかね?町民ファーストを誰にやらさせるんですかね?まさか、都知事や町長だけがやっても無意味なんですが、議員や公務員にやらせるんですかね?議員や公務員は都民や町民じゃ無いんですかね?まだ「東京ファースト」や「おらが町ファースト」なら分かりますが。




人口増は難しいですね。

正直言って、これは国策でなんとかするしか無いと思うんです。ぶっちゃけ、移民が手っ取り早いんですが、なにせマスコミの難民と移民をごっちゃにしたネイティブキャンペーンのお陰で、移民は悪だと刷り込まれてますから。

ネットにしがみついて文句書いているだけの日本人なら、バックグラウンドチェックをきちんとしてビザを受けて日本にやって来た、働く気満々の移民の方が何百倍も日本に貢献してくれますよ。アメリカやオーストラリアなんかの移民大国は、それで社会を回しているようなものですから。

子供向けの補助を増やすことで「子育てがしやすい市・町」として人口が増えているところもありますが、結局は大都市への通勤が可能な衛星都市と言うだけで、人口全体のパイの喰い合いでしかありません。




報酬問題、議員も公務員もですよね。

少なくても、年収が低くて適当な仕事しているような公務員に、戸籍や住民登録なんかの重要な仕事をして欲しくありませんが、そこのところはどうなんですかね。

議員報酬、国会議員や都道府県会議員については、議員になるまでの仕事は休んでフルタイムで議員活動に専念しなければならないでしょうから、それなりの報酬を保証しませんとならないでしょう。

市町村の場合、これ私の意見だって言うだけなんですけど、首長と首長代行者くらいまでは一定の報酬を保証して、議員については「無報酬」でいいかと思うんです。生活に密着した活動が多いでしょうから、却って報酬が多いと動きづらかったり、無報酬だからこそ、子育て終わった主婦とか出てくるのかなみたいな。その代わり、通常は手弁当のような市区町村の議員の行動費用などは全て公費で賄うべきでしょう。


首長や議員も、尊敬されるような仕事をすれば、議員などを辞めた後で講演などの報酬だけでも結構な額になるでしょうし。本書いても、とりあえず売れるでしょう(笑)。

Posted by FX専業 at 2017年04月21日 17:08
「市民ファースト」と戦えるコピーのところにコメントが来るかなと思ってましたが、それ以外でしたね。笑

>トランプ大統領の「アメリカファースト」と、小池知事の「都民ファースト」全然違いますよね。
>トランプ大統領の方は「我々アメリカが一番に返り咲くために共に戦おう」と言う呼びかけであり、よく日本語訳で「アメリカ第一主義」ですら本質を見極めていない、ちゃちな翻訳です。
>一方、小池知事の方は「都民を第一に考えること」なんだそうでして、悪く言えば「都民様は神様です」と言うような感じに聞こえます。

ごもっともで。最近読んだ本で今回の大統領選は南北戦争の再来(状況が似てると言う意味)で前回は北が勝ったが今回は南(トランプ)が勝ったと言う表現をしてる方がいらっしゃいました。
トランプと小池のファーストの意味が実は違ってるという事は私も気が付いてはいたんですが、小池さんのメディアの使い方が上手というか何というか・・・。
アメリカファースト と同意なのが 東京ファースト
アメリカンファースト なら 都民ファースト
ですね。


人口減対策には持論があるんですが・・・本音を書くと不適切になってしまいますので。笑
人口の話だと、USA・OGが移民制限、中国がビザの制限強化と・・・海外からの流入を制限する流れのように思います。優秀な人だけよと。


>報酬問題、議員も公務員もですよね。
+その下

そうですね。
報酬を下げる・議員数を減らすことを公約にすると票が伸びる傾向にありますね。
 報酬が減ると、多少なりとも裕福な人しか立候補しなくなって、最終的に庶民・若者・主婦なんかの意見が反映されにくくなるのではないかと思いますね。
Posted by いぽ at 2017年04月22日 00:00
>「市民ファースト」と戦えるコピーのところにコメントが来るかなと思ってましたが、それ以外でしたね。笑


いやあ、本当はそれ考えてみたのですが、思い浮かばなかった(笑)。

出てきたのは

「小市民ファースト」とか
「メイク東京、グレートリゲイン、24時間戦えますか」とか

そんなのばっかり(笑)。





>人口減対策には持論があるんですが・・・本音を書くと不適切になってしまいますので。笑


いや、全然言っちゃって下さいよ。

お待ちしております(笑)。




>人口の話だと、USA・OGが移民制限、中国がビザの制限強化と・・・海外からの流入を制限する流れのように思います。優秀な人だけよと。

あれ、うまい事報道されてるなと思ったんですが、アメリカがと言うかトランプ大統領が規制したいのは「特定の国からの移民」だけで、それ以外の国からの米国への入国は特に問題視していないと言うより、人口を増やさないとGDP拡大しない事くらいは分かっているようで。

オーストラリアは、単にバカです。多分、本当に失楽する未来がありそうでなりません。

中国は、どうなんですかね?本当にそうなら、日本人へのビザ免除を停止すると思うのですが。相互じゃありませんし、単に経済的な意味でビザ免除にしているだけなので。
Posted by FX専業 at 2017年04月23日 17:07
>>人口減対策には持論があるんですが・・・本音を書くと不適切になってしまいますので。笑
>いや、全然言っちゃって下さいよ。

これは・・・やめておきます。女性蔑視だ!時代に逆行してる!と言われますので。それで大体想像がついたと思います。笑

>あれ、うまい事報道されてるなと思ったんですが、アメリカがと言うかトランプ大統領が規制したいのは「特定の国からの移民」だけで、それ以外の国からの米国への入国は特に問題視していないと言うより、人口を増やさないとGDP拡大しない事くらいは分かっているようで。

だから余計に差別だと言われるんでしょうね。
ムスリム・メキシカン・中国人を名指ししていた印象ですが、私は特にアメリカで生まれた中国人を本国に送り返すというのが特に印象的で、おもしれーなーって思ってました。

マレーシアでお店やってるムスリムの友人が商品のトランプの販売を止めたそうです。トランプに激怒してます。ちょっと違うような気がしてますが・・・。

Posted by いぽ at 2017年04月23日 22:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179486188

この記事へのトラックバック