3985 テモナ: IPO中心 ≪公式ブログ≫

2017年04月03日

3985 テモナ

<3985>テモナ
HP   :https://temona.co.jp/
市場   :マザーズ
上場日  :4月6日
業種   :情報通信業
主幹事証券:SMBC日興
幹事証券 :極東、エース、岩井コスモ
      SBI、みずほ、マネックス
監査法人 :新日本
想定価格 :2,400円
公開株式数: 公募;2,400,00  
       売出;488,00
       OA; 433,00
時価総額 :30.6億円
吸収金額 :7.9億円
PER   :22.3倍

SO残高    :1,340,00
SO発行回数    :3回
VC      :91,00
        
ロックアップ :180日

業績 <単位:百万円><配当は1株あたり単位:円> 
 売上営業利益経常利益最終利益配当
2015.94504547390
2016.9786128126870
2017.9予想1,0391901961370
2017.9…1Q246535134


事業概要
 ECサイトを中心に受託開発を行ってきた。その過程で「たまごカート(現たまごリピート)」の事業を考案、開発。その事業と「ヒキアゲール」の2つの事業が中心だがたまごリピートが全体の9割以上の売り上げとなっている。
@たまごリピート
 ネットショップの購入者をリピーターに育て上げることをコンセプトにしたショッピングカート付リピート通販専業WEBサービス。基幹システムとして情報を一元に集約して管理・運用することで業務効率を向上させるとともに分析結果に基づく販売促進活動を自動で行うことでリピーターへと育てる。
このサービスを利用したEC事業者の販売総額は587億円。1000万人分の注文情報を有し、744のアカウントでこのサービスを導入している。
Aヒキアゲール
 web上で一人一人に合わせた対応を行うことで広告効果を上げ、成約率を向上させることを目的とした販売促進ツール。
現在は124アカウント。
「ヒキアゲール」という言葉を見た時に、返品システムかと思ったが、成約率を引き上げる意味のようだ。

特記事項
 特になし

総合評価
 ECサービスが一般普及し、競争環境が激しくなる中、同社のようなサービスは事業者にとって導入メリットは大きく需要はあるだろう。しかし主観になるが、事業者にとってメリットのあるサービスでも顧客にとってメリットがあるかどうかは別であり、双方にメリットがあるかは分からない。(そこまで分析できていないという事)
 業績の方は好調で、また利益率も高く、今の高い成長が維持できるのであれば投資はできるが、参入障壁はそれ程高くないように思う。同業他社がより優れたサービスを提供するようになれば業績にブレーキが掛かる懸念もある。
 1アカウントあたり年間約100万円程の売り上げとなる計算になり、現在の744アカウントという数を見れは拡大余地はあるが、事業自体が寄生ビジネスであることを考慮し、高い評価は控える。

時価総額での評価額:40億円

*株数表記は100株単位の取引であることを考え100の位にカンマを打っております。
*SO回数表記については、同日発行された複数のSOを一回のSOとしてカウントしております。
*VC株数については、IPO時に売出しがある場合は、その量を除した数字を表記しています。
*時価総額・吸収金額・PERは想定価格にて計算しています。
【IPO銘柄コメントの最新記事】
posted by いぽ at 07:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | IPO銘柄コメント
この記事へのコメント
こんにちわ。


>「ヒキアゲール」という言葉を見た時に、返品システムかと思ったが、成約率を引き上げる意味のようだ。


私、これ見た瞬間に「倒産整理屋」かと思いましたけど(笑)。
Posted by FX専業 at 2017年04月07日 14:05
山田く〜ん、座布団一枚!
Posted by いぽ at 2017年04月07日 20:48
あれ?

これで座布団じゃ、甘すぎやしませんか?w

「引揚げ」を連想させる「ヒキアゲ」を堂々と使うとは、さすが戦後70年以上経過しているだけあるなと、ついつい余計な事を考えw




ECサイトの構築と言うので興味がありまして、この会社のホームページ見てみたんですが、

>@たまごリピート
>Aヒキアゲール

この2つとも、どこら辺が他社の同類サービスと比べて優位性があるのか、いまいち分からないと言いますか、またネット系の皆さんの宇宙語で書かれている感じなのでw


凄いんですかねえ?

上場するくらいだから、凄いんでしょうねえ?



どっちのサービスのシステムも、うちの会社のHG取締役に言えば、どこかに注文して2〜30万円くらいで作れてしまうような気もしないでも無いんですけど、

でも、凄いんでしょうねえw
Posted by (元)輸出 at 2017年04月08日 16:15
本文に書かなかったんですが、「ヒキアゲール」って顧客をカモだと思ってるのではないかと、印象が悪かったんですよね。
たまごリピートも、リピート客に育てる、となってますし。

もっといい言葉使えばいいと思います。

>どこら辺が他社の同類サービスと比べて優位性があるのか、いまいち分からないと言いますか、またネット系の皆さんの宇宙語で書かれている感じなのでw

技術自体は大したことなくて、営業先を多く持ってるとか他の繋がりがあるという事でうまくやってるのでしょうか。
10年前なら革新的な技術でも今は同じような事やってる会社たくさんありますよね。

いっそ会社名を、「じょうじょうす〜る」とかにして欲しかった。笑
Posted by いぽ at 2017年04月08日 19:18
>いっそ会社名を、「じょうじょうす〜る」とかにして欲しかった。笑


ならば「カモネーギ」とか「カモネギール」とか、英語風に「ダッグリーンオニオン」とか(笑)。


通販業界って、今は頒布会のような仕組みは厳しくて下火な中で、なんとかしがみついて頒布会形式に拘ってる通販会社をカモにしてる感じですかね。

まるで、原野商法の被害者に、土地を買い取るとか言って測量代20万円とかで営業してる詐欺師と同じように見えてしまうんですが(汗)。
Posted by FX専業 at 2017年04月10日 10:02
上場するまでは、対取引先だけ考えればいいので、事業名も違和感がないのかもしれませんが、、、投資家の目に触れるという事への配慮が足りないように思いますね。

個人的な見地ですが、ネットではamazon・楽天を出来るだけ使うようにしていて、それはトラブルが心配だから・・・、どうしてもモール系サイト以外で買わないといけない場合しか他のサイトは使いません。
例えば、、、最近買ったのは介護用ベッドのマット。
でもこれは一度買ったら、恐らくこのサイトでは買い物をしないと思うんですよね。もし買うことがあったとしたら10年後とか。
なのに、リピート客に育てるという大義の元、ダイレクトメール郵便物やメールマガジンが届くようになると、私はウザいと思ってしまうので、、、止めて欲しいし、、、私をリピート客に育てる!と位置づけられるのも迷惑。
なので、この会社のサービスは不要。という結論。です。笑


いや、ホント詐欺師とやってること・・・。
このサービス、オレオレ詐欺業者に販売すれば売れるかも。笑。(冗談ですが)
Posted by いぽ at 2017年04月10日 18:31
楽天もいろいろ問題点はあるかとは思いますが、少なくても決済に関して間に入っている安心感はあるかと思います。

車や家具などの耐久消費財の場合、リピーターと言うのはなかなか難しいですよね。あまりしつこいと「うるさい」と思われるし、かと言って放置ですと次回必要になった時に、一度買ってもらってると言うアドバンテージを活かせない。


その点、amazonで表示される「おすすめ商品」は、来た時にだけ表示された上で、過去に買った物の組み合わせの中から同様の買い物をしてる他の顧客のデーターを照らし合わせ表示させてるので、凄い効果だと思います。あれぞ正にビッグデータ活用で、そこが楽天は弱い。

よく楽天はスパムメール送って来ますが、あれ逆効果で必要なメールも読んでもらえなくなっているかと。楽天の場合には、ポータルサイトの意味がamazonより非常に希薄なので、amazonと同じ方法が出来ないと言う事もあるかと思いますが。
Posted by FX専業 at 2017年04月12日 13:17
いや、amazonの「おすすめ」いいですよね。ホント。
こちらからHPにアクセスした時に表示されるものはウザいとは感じませんし、それも前回購入した商品が丁度切れそうなときに表示されますし。時によっては注文しようとしていた商品が「おすすめ商品」で表示されてたり・・・。

それに比べ楽天は・・・、仰る通りで、チェックを外さないとメールマガジンを申し込む!になるという悪質なシステムで、確かにそのメールを読むことが無ければ、印象を悪くするだけという・・・。
 ついでに言うと、あの会社SOを定期的に発行・自社株買い・創業者の定期的な株式売却を同時にやるんで大っ嫌いなんですよね。笑
Posted by いぽ at 2017年04月12日 21:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179286011

この記事へのトラックバック