IPO中心 ≪公式ブログ≫

2017年03月14日

6546 フルテック

<6546>フルテック
市場   :東証2部
上場日  :3月22日
業種   :サービス業
主幹事証券:野村
幹事証券 :みずほ、SMBC日興、いちよし
      SBI、岩井コスモ、エース
監査法人 :銀河
想定価格 :540円
公開株式数: 公募;6,000,00   
       売出;5,192,00
       OA;1,678,00
時価総額 :28.1億円
吸収金額 :6.9億円
PER   :8.9倍

SO残高    :なし
SO発行回数    :ー
VC      :なし
        
ロックアップ :90日

業績 <単位:百万円><配当は1株あたり単位:円>
 売上営業利益経常利益最終利益配当
2015.310,0987527864712.5
2016.310,4468068144242.5
2017.3予想10,14258064831622
2017.3⋯3Q7,157416415169


事業概要
 自動ドア開閉装置の販売・設計・施工・保守サービス・ステンレス建具の製造・建築金物の製作・販売等を行っている。
@自動ドア関連事業
 自動ドア開閉装置の販売・設計・施工・保守サービスを行っている他、自動ドア開閉装置の取替及びステンレス冊子を含む改修を行う。自動ドア開閉装置とは自動ドアを開閉させるコントローラ・モーター・センサーを指し、自動ドア本体を建具と分類している。
A建具関連事業
 自動ドア本体部分を主力製品としており、自動ドア開閉装置とセットで販売している。
 ステンレスサッシの設計を0.1ミリ単位で行い、強度・水漏れ防止・耐風性・耐候性をクリアできる構造に仕上げる。
Bその他事業
 駐輪システムの販売・管理・運営及び駐輪ラックを販売する駐輪システム事業を行っている。
 潟gルネックスの代理店として喫煙所システム「トルネックス」の販売・設置・保守を行う。

事業エリアは北海道・東北・関東。


特記事項
 配当は今期は期末のみ、来期以降は中間・期末に行う予定。

総合評価
 業績面は売上が横ばい、利益に関しては減少傾向にある。今期3Qを見ると通期見込みが未達になるリスクがあるように思うが4Q偏重なのかもしれない。
 成長銘柄としての評価は難しく、配当性向3割目標でも4%程度の高配当となるため、長期配当狙いとしての投資であれば検討できる。それでも中期的に業績が右肩下がりに陥った場合に配当もそれに伴って減額になると投資理由そのものが揺らいでしまう。
 東証2部上場銘柄で1年後の1部昇格を視野に入れる銘柄もあるが、この銘柄に関しては難しい。



時価総額での評価額:28億円

*株数表記は100株単位の取引であることを考え100の位にカンマを打っております。
*SO回数表記については、同日発行された複数のSOを一回のSOとしてカウントしております。
*VC株数については、IPO時に売出しがある場合は、その量を除した数字を表記しています。

posted by いぽ at 07:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | IPO銘柄コメント