IPO中心 ≪公式ブログ≫

2017年03月13日

3982 エスキュービズム

<3982>エスキュービズム
HP   :http://s-cubism.jp/
市場   :マザーズ
上場日  :3月22日
業種   :通信業
主幹事証券:みずほ
幹事証券 :SBI、SMBC日興、大和、マネックス、岩井コスモ
監査法人 :新日本
想定価格 :1,250円
公開株式数: 公募;1,000,00   
       売出;2,500,00
       OA;  525,00
時価総額 :26.5億円
吸収金額 :5.0億円
PER   :18.0倍

SO残高    :1,155,00株
SO発行回数    :4回
VC      :1,820,00株
        
ロックアップ :90日、1.5倍

業績 <単位:百万円><配当は1株あたり単位:円>
 売上営業利益経常利益最終利益配当
2015.33,860505570
2016.35,5347464120
2017.3予想5,5481701351470
2017.3⋯3Q4,124129108134


事業概要
ITソリューション事業
@オムニチャネルプラットフォーム領域
 ECサイトと実店舗の消費行動プロセスを融合させ統合管理できるオムニチャネルプラットフォームを構築し、大規模小売店等に提供している。
AIoTインテグレーション領域
 IOT技術を活用し顧客の課題を解決することを目指している。スマートホンアプリを鍵にして受取人が不在でも荷物を保管できる「スマート宅配BOX」の販売、カメラ付きセンサーボールを活用した駐車場ソリューション「eCoPA」をリリース。

流通ソリューション事業
@家電領域
 量販店・ホームセンター等に対し、自社ブランド家電製品の卸売販売を行っている。AV家電・白物家電
A中古車領域
 実店舗2店舗他、「カーセンサーnet」「ヤフオク!」を利用したweb販売を行っている。
 需要の高い車種に特化し平均在庫回転率は35〜40日程度と業界平均日数の約半分である。
Bその他
 スイーツ「スノーパウダー」を製造する業務用冷機器の輸入販売、ビジネスマッチングツール「会社なび」の提供を行っている。



特記事項
 特になし。

総合評価
 ITソリューション領域は時流である物流関連銘柄であり、アマゾンジャパン・楽天が主要顧客である。
小規模ではあるがビジネスマッチングツールは今は注目度は低いが将来的に光を浴びる可能性がある。

業績面では売上高が2017年期が伸び悩んでいる印象があるが利益面では着実に増加している。物流コンサル系の上場が時流であり高い評価が得られる可能性が高いが、私としては物流コンサル以外の事業にも興味があり、今後同社の分析は続けていきたい。


時価総額での評価額:35億円

*3月10日、東証より同社上場を取りやめる発表あり。

*株数表記は100株単位の取引であることを考え100の位にカンマを打っております。
*SO回数表記については、同日発行された複数のSOを一回のSOとしてカウントしております。
*VC株数については、IPO時に売出しがある場合は、その量を除した数字を表記しています。
posted by いぽ at 07:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | IPO銘柄コメント