IPO中心 ≪公式ブログ≫

2017年03月26日

野球のポジションって

前から凄く不思議に思ってたことを記事にします。株とは関係ありません。笑

まずはこちらのニュースをご覧ください。

今年の春の選抜高校野球の日大三校対履正社高校での審判ミスについて書かれております。
同じイニングで、ピッチャーを経由して再び同じポジションに付くことが出来ないという規定があって、それに違反した、ということです。過去には、ピッチャーを挟んで同じポジションへ変更したことで退場になった選手がいたそうです。

広島カープの福井選手。済美高校時代に。

まぁ、これも可笑しな話なんですけどね。
選手交代を球審に伝えた時に、球審がそれを受諾しておいて、実際にポジションに就いた後に退場を宣告するわけですから。

球審が、選手交代を告げられた際に、そのポジション変更は出来ないと言うべきなんですけどね。

例えば、一度試合に出場した選手が交代によってベンチに下がって、、、その後に代打で再度試合に出ようとすると、球審はそれを告げられた際に、それは出来ないと言うはずなんですよね。若しくは、ふざけてるのか?って叱られるか。笑

それとも一旦バッターボックスに立たせておいて、退場を宣告するのかな?
どっちにしても、試合に出れない選手になってますから退場になっても問題ありませんが・・・。


それで、前置きが長くなったんですが、昔から不思議に思ってた事にいきます。

高校野球で、たまーにセンターを守ってる選手がセカンドベース付近を守ったり、バント対策でキャッチャーとサードの中間付近を守ったりすることがありますが・・・これは問題無いんですかね?

そもそも野球の守りのポジションって何なんでしょうかね?
レフトと決められた選手がライトを、ライトの選手がレフトを守っても良さそうですし、
外野の3つのポジションの全ての選手が内野ベースより内側を守ってもいいんじゃないですかね。
決められたエリアから出てはいけないというルールはありませんから。

ピッチャーとキャッチャー以外、、、全員「フィールドプレーヤー」若しくは「野手」でいいのではないですかね。

あっ、そうすると・・・ラジオ中継聞いてると分かりにくくなるのか・・・。

おーっと、バッター打ち上げた!フィールドプレーヤーが余裕をもってキャッチ。アウトー!
どのプレーヤーがフライを取ったのか分からず・・・どこにボールが飛んだのか分からない、とか。



ルールはシンプルに分かりやすく!がいいと思います。
ソフトバンクの工藤監督が何度かルールブックを持ち出して球審に判定の抗議をする場面が過去に何度かありましたが、プロで200勝した人でさえ完全にルールを理解できていないなんて滑稽でなりません。

何年か前、花巻東高校でファウル打ちに長けてる高校生がおりましたが、大会中に一度の打席で3回以上やるとスリーバント扱いとしてアウトとするという、解釈変更がありました。
高校生に対してかわいそーに。

あれっ、何書いてたんだっけ???

少なくとも、試合に出ている審判は完全にルールを理解できていないといけません。
それが出来ないなら、出来るように変更すべきだと思います。


記事書いた後に読み返したら・・・特別、これ書かなくても良かったかなと思ったんですが、折角書いたので投稿しまーす。笑

posted by いぽ at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2017年03月25日

IPO暴落率ランキング 3/25

2017年IPO暴落率ランキング

【上位】
1位:3561 力の源HD +433.3%
2位:6545 インターネットインフィニティ +278.8%
3位:9325 ファイズ +233.2%

【下位】
1位:3978 マクロミル −10.1
2位:6547 グリーンズ +11.4%
3位:3558 ロコンド  +18.4%


今回IPO銘柄の暴落率ランキングを記事にしてみました。2017年に上場した銘柄で公開価格に対しての暴落率の上位と下位です。これ見ると、上位が意外にもローテク銘柄になっております。「株は美人投票だ」という人が居ますが、どうなんですかね?これ・・・「みんなで渡れば怖くない」になってますよね。 お金、大事にしてくださいね。
そして下位の方を見るとマイナスになっている銘柄は1つしかなく、全体的に株価が高く維持されていることが分かります。
こういう時は、投資を控えるに限ります。

毎週土曜日は暴落率ランキングにしようかと思ってますが、どうなんでしょう、こういう記事要りませんかね?何回かやってみて、しっくりこなければ止めるかもしれません。笑。
posted by いぽ at 07:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 暴落率ランキング

2017年03月24日

3561 スシローGHD

<3561>スシローグループホールディングス
市場   :東証1部
上場日  :3月30日
業種   :小売業
主幹事証券:野村
幹事証券 :三菱UFJMS、UBS、SMBC日興
      大和、みずほ、メリルリンチ日本
      岩井コスモ、マネックス、SBI
      丸三、松井、SMBCフレンド、東海東京
監査法人 :新日本
想定価格 :3,900円
公開株式数: 公募;なし   
       売出;191,231,00
       OA; 20,116,00
時価総額 :1,070億円
吸収金額 :824億円
PER   :18.2倍

SO残高    :21,545,71
SO発行回数    :7回
VC      :91,298,00
        
ロックアップ :180日

業績 <単位:百万円><配当は1株あたり単位:円> IFIS
 売上営業利益経常利益最終利益配当
2015.9136,1746,8885,2263,8260
2016.9147,7027,5094,6923,1840
2017.9予想159,6928,9218,4745,886未定
2017.9…1Q38,4082,1402,1131,467


事業概要
 直営方式による回転寿司レストランチェーンを展開している。
セントラルキッチンを経由しない店内調理、ITシステムを活用した接客・サービス展開、ICチップ内蔵の皿を用いたビッグデータ分析、タッチパネル注文システム、全皿ワサビ抜きが特徴。
 韓国・アメリカに子会社を有する。
 店舗数国内451、海外7.年間40店舗ペースで拡大している。

特記事項
 上場廃止時の公開買い付け価格は1株3,250円
 のれん償却残30,371百万円

総合評価
 再上場案件、公募なく全て売出という不人気の典型。公開価格は3,600円となった。
 事業の方は今期予想から急激に利益を増やす見込みであり、新店も既存店数に対して9%増で拡大する。日本の回転寿司チェーンは4強と言われるが、その中でもスシローが飛びぬけた存在であり、一人勝ち状態にある。
 今後新規エリアでの出店展開がカギになりそうだが、3万人規模の町にあるスシロー店舗では開店前から行列になりお昼12時からは待ち状態になっている。田舎ほど「寿司」に対して高級感を感じる人が多く、安く寿司を食せる同店舗は並んででも食べたいお店なのだろう。まだまだ国内にも出店余地はある。
 海外での出店は、現在は韓国だけだが、東アジア圏では受け入れられる可能性が高いように思う。東南アジア・欧米地区では文化の違いがあり、ココイチのようにマイナーローカライズが必要だろう。
 全株売出しであるが一部ファンドの持ち株が残る為、全て高値で売り切ることができるよう施策を取ってくるだろう。公開価格からみて極端に安く株価が推移することは無いと予想する。

時価総額での評価額:1,000億円

*株数表記は100株単位の取引であることを考え100の位にカンマを打っております。
*SO回数表記については、同日発行された複数のSOを一回のSOとしてカウントしております。
*VC株数については、IPO時に売出しがある場合は、その量を除した数字を表記しています。
posted by いぽ at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | IPO銘柄コメント